カテゴリー

奥多摩周遊道路&檜原温泉センター数馬の湯へ日帰りツーリング

奥多摩周遊道路&檜原温泉センター数馬の湯

 HONDA NC700SでNEXCOの高速道路ツーリングプランを利用し、奥多摩周遊道路&檜原温泉センター数馬の湯へ日帰りツーリング。日帰り温泉施設の検索はまっぷるマガジン「首都圏からの日帰り温泉」を利用。

■日付:平成30年(2018年)11月21日(水)晴れ

■行程:相模原市中央区(8:00出発)~相模原IC~圏央道・中央道~藤野PA(8:40~8:45)~上野原IC~~県道33号・18号線~道の駅こすげ(9:25~9:35)~国道139号・奥多摩周遊道路~檜原温泉センター数馬の湯(入浴・昼食/10:10~12:10)~都道206号・県道33号線~上野原IC~中央道・圏央道~厚木PA(13:05~13:30)~東名高速~東名川崎IC~川崎市高津区(14:10着)

※SA・PAの写真はこちらにも ⇒ 高速道路(SA・PA)・道の駅・日帰り温泉等の二輪車パーキング

■走行距離:197Km

■有料道路料金:通常ETC料金2,550円の所、NEXCO高速道路ツーリングプラン利用で1日当たり1,500円 ⇒ 1,050円の得

■利用したツーリングプランの特典:
・圏央道 厚木PA内回り コーヒー 180円→100円 80円の得




▼山梨県道33号(上野原丹波山線)「道の駅こすげ」まで▼

▼奥多摩周遊道路 奥多摩湖~檜原温泉センター数馬の湯▼

檜原温泉センター数馬の湯

住所:東京都西多摩郡檜原村数馬2430

数馬の湯 外観
数馬の湯 外観
数馬の湯 外観
数馬の湯 外観
数馬の湯 外観
数馬の湯 外観
数馬の湯 外観
数馬の湯 外観
数馬の湯 入り口
数馬の湯 入り口
数馬の湯 入り口
数馬の湯 入り口
靴箱
靴箱
フロント周辺
フロント周辺

 靴箱に靴を預けます。100円必要ですが後で戻ります。フロントで靴箱の鍵を預け入浴料を支払います。時間制限無しで820円で休日料金はありません。その際に番号の入ったロッカーキーをもらうのですが、説明も無く渡されたので「?」という感じでした。

館内
館内
大浴場前
大浴場前
男性脱衣所
男性脱衣所
脱衣所内の洗面
脱衣所内の洗面

 お風呂は内湯が3種類と露天風呂、サウナがあります。伺った日は打たせ湯と陶器風呂は使用不可でした。全体的にコンパクトな造りでサウナは4人でいっぱいです。洗い場は12ヶ所ありますが、内3ヶ所は鏡の無い補助的な造りです。お湯は無色透明のアルカリ性単純温泉ですが、さらりとした感じで温泉らしさはあまり感じられず。良かった点は内湯の温度帯が分かれており、ぬる湯(40度位)の方でゆっくりできた位かな。

大浴場前の休憩スペース
大浴場前の休憩スペース
大浴場前の休憩スペース
大浴場前の休憩スペース
食事処
食事処
食事処
食事処
食事処からの眺め
食事処からの眺め
舞茸天そば
舞茸天そば 890円(税込み)

 館内の食事処で舞茸天そば を頼みました。出汁の良い香りがして、舞茸天ぷらも揚げたてさくさくで美味しかったです。但し全体的に料金がやや高めな感じ。温泉に入らず、食事処だけ利用するお客さんもいました。

総評:「檜原温泉センター数馬の湯」を訪れてみて素直な印象は、可もなく不可もなく、まあ普通という感じでした。バーベキュー(併設施設にバーベキュー場あり)や登山の帰りに汗を流して帰りたいという方には良いかもしれませんが、ただ温泉を楽しみたいという方にはちょっと・・・温泉目的で周辺の日帰り温泉施設をお探しなら、数馬の湯から30分ほど東京寄りの場所に瀬音の湯(東京都あきる野市)がありますので、そちらがいいかも・・・

※写真はこちらにも掲載 ⇒ 奥多摩周遊道路&檜原温泉センター数馬の湯 | 旅行企画 写真館

▼檜原街道・上野原あきるの線(山梨県道33号) 数馬の湯から上野原IC方面へ▼

当サイト管理人が訪れた日帰り温泉&宿泊施設体験記へ

周辺地図