御殿場市温泉会館(静岡県御殿場市)入浴体験記 ※クーポン利用&長尾峠・箱根・芦ノ湖スカイライン

当ページ目次

御殿場市温泉会館&長尾峠、箱根・芦ノ湖スカイライン

KAWASAKI Z1000SX(ninja1000)でNEXCO中日本の高速道路ツーリングプランを利用し、御殿場市温泉会館へ日帰りツーリング。日帰り温泉施設の検索はまっぷるマガジン「首都圏からの日帰り温泉」を利用。クーポンは「SKY広域圏内施設優待券」を利用。誰でもプリントアウトして利用できるのでチェックを。

※御殿場市温泉会館は2020年3月31日に休館しました

■日付:令和元年(2019年)6月18日(火)晴れのち曇り

■行程:相模原市中央区(8:15出発)~相模原愛川IC~圏央道・東名高速~鮎沢PA(9:20~9:40)~御殿場IC~御殿場市温泉会館(入浴・昼食/9:50~11:30)~長尾峠・箱根スカイライン・芦ノ湖スカイライン・箱根新道・西湘バイパス~西湘PA(12:35~12:45)~新湘南バイパス・圏央道・東名高速~東名川崎IC~川崎市高津区(13:40着)

※SA・PAの写真はこちらにも ⇒ 高速道路(SA・PA)・道の駅・日帰り温泉等の二輪車パーキング

■走行距離:187Km

■有料道路料金:通常ETC2.0料金2,800円の所、NEXCO中日本高速道路ツーリングプラン利用で1日当たり1,500円 ⇒ 1,300円の得




▼東名道 御殿場IC ⇒ 御殿場市温泉会館▼

御殿場市温泉会館

住所:静岡県御殿場市深沢2160-1

御殿場市温泉会館 駐車場入り口
御殿場市温泉会館 駐車場入り口
二輪車駐車スペース
二輪車駐車スペース
第一駐車場
第一駐車場

第二駐車場は上記動画をご覧ください。

御殿場市温泉会館 外観
御殿場市温泉会館 外観
料金等の案内
料金等の案内
御殿場市温泉会館 建物入り口
建物入り口
券売機
券売機

券売機で先に入館券を購入します。クーポンを利用する場合は「割引券 450円」を選びます。尚、クーポン(割引券)は3時間のみで1日券はありません。

靴箱
靴箱

靴箱は100円等は必要ありません。鍵は各自保管です。

フロント&売店
フロント&売店

購入した入館券を持ちフロントへ。時間が記入されており、その券(半券)は帰りにフロントに出します。

大浴場入り口
大浴場入り口
温泉の説明
温泉の説明
脱衣所
脱衣所 ※ロッカーはリターン式で100円必要です

お風呂はシンプルに内湯の一つのみです。サウナや露天風呂はありません。内湯はジェットバス併設で半身浴ができるような座る場所も4ヶ所あります。座る場所は窓際にありますので、のんびり富士山が眺められます(あいにく伺った日は曇りで富士山は見えず)。洗い場は15ヶ所で、一部はシャワー無し。お湯は無色透明のアルカリ性単純温泉で、入ってしばらくするとすべすべ感があります。温度は少し高めかな?

無料休憩所(兼 食事処)
無料休憩所(兼 食事処)
無料休憩所(兼 食事処)内
無料休憩所(兼 食事処)内
食事処の券売機
食事処の券売機
食事処メニュー
食事処メニュー
みくりやそば(小)430円(税込)
みくりやそば(小)430円(税込)

お昼ごはんとしては時間が早かったので(小)を頼みました。鶏肉・人参がgood。麺は普通のお蕎麦より太め。汁まで完食しました。

みくりやそばの説明
みくりやそばの説明

総評:お風呂は内湯の一つだけだが、3時間で450円(クーポン利用)はお得感あり。大型バイクで行ったためか駐車場で地元の方から話しかけられ(到着時・出発時ともに)、また休憩所でも話しかけられました。地元の方とのふれあいを楽しめる公共浴場的な温泉施設でした。

長尾峠

御殿場市温泉会館から長尾峠経由で箱根スカイラインの料金所までのオートバイの走行動画です。

▼御殿場市温泉会館 ⇒長尾峠経由 ⇒箱根スカイライン料金所▼

箱根スカイライン・芦ノ湖スカイライン

箱根スカイライン・芦ノ湖スカイライン、箱根峠までのオートバイの走行動画です。

▼箱根スカイライン ⇒ 芦ノ湖スカイライン箱根峠まで▼

地図