仙川湯けむりの里(東京都調布市)入浴体験記 ※クーポン利用

当ページ目次

仙川 湯けむりの里の感想

KAWASAKI Z1000SX(ninja1000)で仙川 湯けむりの里へ。日帰り温泉施設の検索及びクーポン(レンタルタオル無料:600円相当)は、「日帰り温泉&スーパー銭湯2020首都圏版 ぴあMOOK」を利用。尚、こちらの施設は「宮前平源泉 湯けむりの庄」「綱島源泉 湯けむりの庄」の系列店となります。

■日付:令和2年(2020年)4月7日(火)晴れ

■行程:相模原市中央区(8:55出発)~一般道(南多摩尾根幹線道路・国道20号)~仙川 湯けむりの里(入浴/昼食 9:55~13:25)~一般道(環八通・国道246号・尻手黒川道路)~川崎市高津区(14:10着)

■走行距離:41.2Km




▼国道20号 仙川二丁目交差点 ⇒ 仙川 湯けむりの里 バイク走行動画▼

仙川 湯けむりの里

住所:東京都調布市若葉町2-11-2

仙川 湯けむりの里 外観
仙川 湯けむりの里 外観
二輪車駐車スペース
二輪車駐車スペース
駐輪場
駐輪場 ※自転車専用
駐車場(屋外)
駐車場(屋外)
駐車場(屋内)
駐車場(屋内)
仙川 湯けむりの里 案内
仙川 湯けむりの里 案内
建物入り口
建物入り口
靴箱
靴箱 ※リターン式で100円必要です
フロント・お風呂などは2階に
フロント・お風呂などは2階に
入館券等の券売機
入館券等の券売機

券売機で入館券と岩盤浴券を購入。ピアMOOKの付録のクーポンもフロントで渡しました。岩盤浴の利用者のみ靴箱の鍵を渡すので準備を。入館料は750円(平日)、岩盤浴は700円です。いずれも時間制限はありません。

岩盤浴の案内
フロントで頂いた岩盤浴の案内
岩盤浴フロアは1階
岩盤浴フロアは1階
岩盤浴室前スペース
岩盤浴室前スペース
岩盤浴室前の冷蔵庫・貴重品ボックス
岩盤浴室前の冷蔵庫・貴重品ボックス

岩盤浴室前のスペースには冷水器はありません。自動販売機はあるので、小銭の準備を。

岩盤浴室入り口
岩盤浴室入り口
岩盤浴の種類
岩盤浴 石の種類

岩盤浴は男女共用で15床ほど。石の種類が多いのが特徴。せっかく行くなら、いろいろな石を体験したいので平日午前中など、空いている時間がオススメ。5種類ほど利用しましたが、どの石も発汗作用が良く満足できました。

ホットフロア
ホットフロア ※岩盤浴利用者のみ
リクライニングチェア
リクライニングチェア ※岩盤浴利用者のみ
漫画コーナー(一部)
漫画コーナー(一部) ※岩盤浴利用者のみ

ホットフロアやリクライニングチェアも、岩盤浴着を着て利用とのことでした。別料金で新しい岩盤浴着も借りられますが、汗で濡れた岩盤浴着で入るのもどうかと思い利用しませんでした。漫画や昼寝が目的なら、岩盤浴に入る前に利用するのも手かな。

仙川 湯けむりの里 大浴場入り口
大浴場入り口

脱衣所のロッカーもリターン式で100円必要です。空いている所を自由に使えます。お風呂は内湯にいろいろなタイプのジェットバスと炭酸泉の電気風呂。サウナは内外に2ヶ所。露天風呂も3種。種類は多いですが、それぞれがやや小さめ。混雑時は待つようになるかも。洗い場は41か所あります。お湯は天然温泉(冷鉱泉)とのことだが、あまり温泉らしさは感じず。ただし髪の毛などは見られず、内湯・外湯ともにきれいなお湯でした。一つだけ、ドライヤーが3分10円だったのが衝撃(笑)。

食事処
食事処
食事処
食事処
食事処には座敷席も
食事処には座敷席も
食事処の券売機
食事処の券売機
醬油ラーメン 750円+30円(会員外)
醬油ラーメン 750円+30円(会員外)
醬油ラーメン
醬油ラーメン
館内図
館内図

総評:都内の駅近で天然温泉が平日750円・時間制限無しは安価な方。館内の清潔感や従業員の方の対応も良いです。別料金にはなりますが、この施設は岩盤浴フロアが充実しているので、合わせての利用をオススメします。

▼仙川 湯けむりの里 ⇒ 環八通 千歳台交差点 バイク走行動画▼

周辺地図